2021.4.7 21:25

川崎3連勝、名古屋ドロー 神戸が3位浮上

川崎3連勝、名古屋ドロー 神戸が3位浮上

後半、遠野大弥(右)の先制ゴールを喜び合う登里享平(中央)ら川崎イレブン=等々力陸上競技場(撮影・蔵賢斗)

後半、遠野大弥(右)の先制ゴールを喜び合う登里享平(中央)ら川崎イレブン=等々力陸上競技場(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 明治安田J1第8節最終日(7日・川崎市等々力陸上競技場ほか=9試合)首位の川崎は遠野のゴールで鳥栖に1-0で競り勝ってJ1通算300勝を挙げ、3連勝で勝ち点を25に伸ばした。2位の名古屋は湘南と0-0で引き分け、勝ち点差は5に広がった。

 神戸は大分を1-0で下して3位に浮上し、広島は浅野の2ゴールなどで横浜FCに3-0で快勝した。FC東京は札幌に2-1、浦和は清水に2-0で勝った。

 徳島は仙台を1-0で振り切って3連勝。仙台は6連敗。鹿島は柏に競り勝ち、G大阪-福岡は引き分けた。