2021.2.24 07:13

マンC指揮官、ボルシアMG戦へ「やるべきことに集中したい」/欧州CL

マンC指揮官、ボルシアMG戦へ「やるべきことに集中したい」/欧州CL

マンC指揮官、ボルシアMG戦へ「やるべきことに集中したい」/欧州CL

マンC指揮官、ボルシアMG戦へ「やるべきことに集中したい」/欧州CL【拡大】

 マンチェスターCのジョゼップ・グアルディオラ監督は、24日のボルシアMG戦に向けてコメントした。

 21日に行われたアーセナル戦の勝利で公式戦18連勝を達成して24日のチャンピオンズリーグラウンド16ファーストレグのボルシアMG戦を迎えるマンチェスター・C。この一戦を前に圧倒的に優位に立つことが予想される中、グアルディオラ監督はドイツのクラブへのリスペクトを強調した。

 「通常の試合のように準備し、アーセナルやリバプール、スパーズ、エバートンとの試合でやったように、グラートバッハについても選手たちに伝えることになる。何かを変えたりはしない。彼らと何度もプレーしたことがあるわけではなく、彼らとの試合に慣れる必要がある。彼らは良い結果を手にするために良いプレーをするはずだ。我々は多くの大会でプレーし、2日前にプレーしたばかりだ。我々がやるべきことに集中したい」

 また、Rマドリードとともにシャフタール・ドネツク、インテルミラノを退けて混戦のグループBを突破した相手チームの印象について「彼らはショートパスをつないで良い組み立てをする。切り替えの中で俊敏なストライカーたちと連携できるチーム」と話した同指揮官は「すべてのチームが大きなリスペクトを受けるに値し、我々も同様にリスペクトされればいい。セカンドレグに向けて良い結果を手にしたい」と意気込んだ。(Goal.com)