2021.2.24 12:00(1/3ページ)

【ズームアップアスリート】森下龍矢、定位置争いが厳しい名古屋移籍の裏に強い信念/サッカー

【ズームアップアスリート】

森下龍矢、定位置争いが厳しい名古屋移籍の裏に強い信念/サッカー

特集:
ズームアップアスリート
記者コラム
キャンプの練習中に笑顔を見せる森下龍矢(名古屋提供)

キャンプの練習中に笑顔を見せる森下龍矢(名古屋提供)【拡大】

 今季J1名古屋に移籍した東京五輪日本代表候補DF森下龍矢(23)が24日までに、オンラインでインタビューに応じた。昨季J1鳥栖で定位置をつかみ、33試合に出場。今夏の五輪本番に向けて試合でのアピールが必要となる中、あえて定位置争いが厳しいチームへの移籍を決断した裏には、信念があった。(取材構成・山下幸志朗)

 サッカー少年がそのまま大人になったように、目を輝かせ、そう言った。「W杯で優勝したい」。今季からJ1名古屋に移籍したDF森下の言葉だ。

 「出られるところでやり続けるのは、僕のやり方じゃない」

 昨季、J1鳥栖でプロ1年目ながら右サイドバック(SB)で33試合に出場。活躍が認められ、昨年12月にはU-23(23歳以下)代表候補合宿に初招集された。五輪出場に向け、試合でのアピールが必須となる最後の半年を前に、あえてSBの定位置争いが厳しい名古屋へ移籍を決断した。

 その裏には、明大時代に行った就職活動があった。幼少期にはサッカーゲームで国旗を覚えるなど、サッカーを通して海外への興味を深めてきた。当時Jクラブからのオファーもあったが「海外で何かをしたいというのは、企業でもできる」と広い視野で将来を選択するため、大学3年の10月から就活を開始した。

 「日本を代表して海外で活躍したい」。その思いから、外国に支社がある日系企業を大小問わず片っ端から受けた。大手損害保険会社から内定ももらったが「最後に企業かサッカー選手でサッカー選手を選んだ」。安定を捨て、Jリーガーの道を選んだ。

【続きを読む】