2021.2.24 05:02

浦和vsFC東京、前哨戦は槙野の勝ち「安部くん、全部言うね~」 オンライン会見で火花

浦和vsFC東京、前哨戦は槙野の勝ち「安部くん、全部言うね~」 オンライン会見で火花

 Jリーグは23日、オンラインで開幕直前記者会見を開き、J1浦和のDF槙野智章(33)は27日のFC東京戦(埼玉)に向け、相手MF安部柊斗(23)と“舌戦”を繰り広げた。全チームの監督、選手代表が一堂に会する開幕前恒例のイベント「Jリーグキックオフカンファレンス」がコロナ禍で中止となったため、今年は開幕カードごとに2日間に分けてオンライン会見を行う。

 早くも心理戦が始まった!? 開幕節で激突する両チームがオンライン上で火花を散らした。

 「4-3-3で全員が攻撃参加することを目指している。守備はゴール前では堅く、奪ったらカウンターで出ていく」

 今季のFC東京についてMF安部がこう説明すると、黙って聞いていた浦和のDF槙野が鋭く切り返す。「安部くん、全部言うね~。システムとやり方ね、チームに報告しないと」。コロナ禍で春季キャンプは各チーム非公開。貴重な情報を労せず入手して、頬は緩みっぱなしだ。

 うっかり喋りすぎたプロ2年目。「これは昨年と同じですから、大丈夫です」と取り繕うと、メディア慣れしている10歳年上の元日本代表に対し「セットプレーは槙野選手の武器。みんなでマークして失点を防ぎたい」と反撃。槙野は「セットプレーでガツンと取れたらいい」と動じる様子もなかった。

 このカードは浦和の通算20勝9分け9敗。ただ昨季に限ればFC東京が2勝した。“前哨戦”に快勝した槙野は「監督が代わって、浦和のイメージがどれだけポジティブに変わるか、重要なゲームになる」。ロドリゲス新監督のもと、昨季の雪辱を誓った。(山下幸志朗)