2021.2.23 05:00

【J1かく戦う(8)】広島&鳥栖

【J1かく戦う(8)】

広島&鳥栖

広島の先発予想メンバー

広島の先発予想メンバー【拡大】

その他の写真(1/2枚)

★広島、中盤の要・青山の鋭いパス起点に切り崩す

 2015年を最後に遠ざかるリーグ制覇を狙うには、得点力の向上が鍵となる。昨季の失点は37でリーグ3位の少なさだったが、得点は46で9位。昨季リーグ3位の15ゴールを挙げたFWレアンドロペレイラが退団した穴も小さくない。

 課題克服へ、就任4季目の城福監督は4バックの新布陣に取り組む。攻撃にかける人数を増やし、厳しいプレスを継続しながら迫力ある攻めを目指す。中盤の要、MF青山の鋭いパスを起点にMF森島、MF浅野らの突破で相手守備陣を切り崩す。新加入のFWジュニオールサントスや、FWドウグラスらがポストプレーなどで献身的に働くことも不可欠だ。

 最終ラインはDFの佐々木、荒木、野上と駒がそろう。競り合いに強いDF今津も新加入し、守備陣の厚みは増した。

★鳥栖、昨季9発!23歳・林エースの立場確立期待

 金明輝監督が初めて開幕前から指揮を執った昨季は、7勝15分け12敗の13位だった。J1の舞台が10年連続となるシーズンを迎えるが、主力が抜けた戦力を考えると、目標とする1桁順位は簡単ではない。

 守備的MFの一角を担ったMF原川が移籍した穴は大きいだろう。昨季は攻撃の起点となり、在籍した4年間はセットプレーでも貢献した。大分で同じポジションだったMF島川が加入したが、周囲との連係をはじめ、どこまで適応できるかが鍵となる。

 前線は昨季チーム最多の9ゴールを挙げた23歳のFW林が、エースストライカーの立場を確立したいところ。昨季無得点に終わった35歳のFW豊田は、残り2に迫ったJ1通算100ゴールを目指す。