2021.2.22 19:29

アーセナル指揮官「何かが間違っていた」 マンC戦で開始早々の失点悔やむ

アーセナル指揮官「何かが間違っていた」 マンC戦で開始早々の失点悔やむ

アーセナル指揮官「何かが間違っていた」 マンC戦で開始早々の失点悔やむ

アーセナル指揮官「何かが間違っていた」 マンC戦で開始早々の失点悔やむ【拡大】

 アーセナルのミケル・アルテタ監督は、敗戦に「何かが間違っていた」と振り返った。

 アーセナルは21日、プレミアリーグ第25節でマンチェスターCと対戦。開始2分に先制を許す厳しいスタートを切ると、その後立て直したものの、0-1と敗れている。アルテタ監督は「我々は何かが間違っていた。最初の10分間が良くなかった」と試合の入り方を悔やんだ。

 「先制点を奪われたことで、我々は厳しい状況に陥ってしまった。厳しい状況だった。その後、チームの反応はとても良く、ゲームの主導権を握っていたし、チャンスを作っていたが、ゴールを決めるためのクオリティが不足していた」

 「我々は勢いと自信を得て、ボールの使い方も良かった。良いスペースを見つけることができたが、最後の3分の1では、ゴールを決めるための適切なパスを選ぶことができなかった」

 リーグ戦ではここ5試合で1勝にとどまっているアーセナル。順位は10位となっている。(Goal.com)