2021.1.14 21:45

19歳ソシエダFW「メッシが終わった?馬鹿げている。彼は史上最高の選手」

19歳ソシエダFW「メッシが終わった?馬鹿げている。彼は史上最高の選手」

 RソシエダードFWアンデル・バレネチェアが、バルセロナFWリオネル・メッシについて語った。

 バルセロナのファーストチームに昇格以降、長年大きな活躍を続けるメッシ。10度のラ・リーガ優勝や4度のチャンピオンズリーグ制覇、個人としては史上最多となる6度のバロンドール受賞など数々のタイトルを手に。史上最高の選手の1人として、今なおトップに君臨し続けている。

 そんなメッシだが、昨夏は去就問題に揺れ、後に「精神科に行く必要があったのは分かっていた」と苦しんでいたことを告白。その影響もあってか、序盤戦は例年ほどの結果を残せなかった。一部では33歳のアルゼンチン代表FWに対して衰退論なども囁かれていた。それでも、直近のリーグ戦2試合では2ゴールずつを奪ってチームの3連勝に貢献するなど、輝きを取り戻している。

 ソシエダの19歳バレネチェアはスペイン『マルカ』で、「みんなが『メッシは終わった』と言っているけど、僕にとっては何かのジョークだ。馬鹿げているよ。彼は史上最高の選手で、いつだって試合を決められる」と自身の思いを口にした。

 また、バルセロナでインパクトを残すペドリについては「世代別の代表チームの頃から彼を知っている。ペドリは最高の選手で、思いのままにプレーできる。バルセロナで、メッシの横でプレーすることは彼にふさわしいことだ」と同世代のライバルにも賛辞を送った。(Goal.com)