2021.1.14 21:31

元日本代表FW前田遼一が現役引退 磐田のU-18コーチに就任

元日本代表FW前田遼一が現役引退 磐田のU-18コーチに就任

特集:
森保JAPAN
元日本代表FW前田遼一が現役引退 磐田のU-18コーチに就任

元日本代表FW前田遼一が現役引退 磐田のU-18コーチに就任【拡大】

 FC岐阜は14日、元日本代表FW前田遼一が2020シーズン限りで現役引退することを発表した。今後はジュビロ磐田のU-18コーチに就任する。

 1981年生まれの前田は、暁星高卒業後の2000年に磐田入り。15シーズンにわたってプレーし、2009年と2010年には連続でJ1リーグ得点王に輝いた。2015年に加入したFC東京に4シーズン在籍したのち、2019年からは岐阜でプレー。明治安田生命J3リーグで25試合に出場して1得点だった2020シーズン終了後、昨年12月に契約満了で退団することが発表されていた。

 キャリア通算でJ1リーグ429試合154得点の記録を残した前田は、2007年から2013年までプレーした日本代表でも33キャップを記録し、通算10得点をマーク。2011年のアジアカップでは全6試合に先発して日本の優勝に貢献した。

 39歳での現役引退に際し、前田は「僕にプレーする機会を与えてくれたジュビロ磐田、FC東京、FC岐阜に関わる全ての皆さん、そして21年間僕を支え、応援してくれた全てのファン、サポーターの皆さん。皆さんのおかげで本当に幸せなサッカー人生でした! 本当にどうもありがとうございました!」とコメント。今後に向けては以下のように抱負を述べた。

 「この度ジュビロ磐田で指導者としてのスタートを切るチャンスをいただくことができました!ゼロからのスタートになりますが、指導者としてこれから頑張っていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします!」(Goal.com)