2021.1.14 10:16

中山雅史、引退の「2文字は使いません!」 報ステで三浦知良との約束明かす

中山雅史、引退の「2文字は使いません!」 報ステで三浦知良との約束明かす

沼津で現役復帰していた中山雅史

沼津で現役復帰していた中山雅史【拡大】

 元日本代表FW中山雅史(53)が13日、テレビ朝日系「報道ステーション」(月~金曜後9・54)に生出演。古巣ジュビロ磐田のトップチームコーチに就任し、第一線を退くことを報告した。

 スポーツコーナーに登場した中山は「私、中山雅史は昨シーズンをもちましてアスルクラロ沼津を退団し、プレーヤーとしてのトレーニングをひとまず、ひとまずお休みさせていただきまして、今シーズンはジュビロ磐田のコーチとして活動していきたいと思います」と発表。約30年間の現役生活について「いろんなことを経験させてもらった。自分の感情、喜怒哀楽を最上級に現わすことができた、幸せな30年だった」と振り返った。

 そして、「自分の心の中でもう区切りがついたという感じなんですか?」という質問には「いえ、未練はあります」と回答。「自分のレベル、未熟さ、拙さ、そういうものも感じてる」とした上で、“引退”という言葉を使わない理由を「みなさんがその言葉を使うのは全然構わない。でも自分が使うと逃げ場がなくなりそうで怖さがあって。それを守るため、自分のリスク管理です」と説明した。

 そして、1学年上のJ1横浜FCで活躍するFW三浦知良(53)にも報告したそうで、「カズさんから『カテゴリーを下げてもやりたい、2トップ組もう』って言われました」とやりとりを明かし、「だから2文字は使いません!」と力強く宣言していた。