2021.1.13 00:34

ミラン指揮官ピオリがイタリア杯へ意気込み「我々には頂点を目指す義務がある」

ミラン指揮官ピオリがイタリア杯へ意気込み「我々には頂点を目指す義務がある」

ミラン指揮官ピオリがイタリア杯へ意気込み「我々には頂点を目指す義務がある」

ミラン指揮官ピオリがイタリア杯へ意気込み「我々には頂点を目指す義務がある」【拡大】

 ACミランの指揮官ステファノ・ピオリが11日、クラブ公式メディア『Milan TV』のインタビューに応じ、コッパ・イタリアへの意気込みなどを語った。

 ピオリ率いるACミランはこれまで、昨シーズン後半から続く好調を維持。6日のユベントス戦で1-3と敗れるまで、セリエAで無敗の快進撃を続けた。9日のトリノ戦では2-0と再び勝利を収め、12勝1敗4分の成績で単独首位を走っている。

 そんな中で12日にコッパイタリア5回戦において再びトリノとの対戦を迎える中、指揮官ピオリがインタビューで口を開いた。

 「選手たちの積極性や意欲には満足している。非常に忙しいシーズンになることは分かっていたが、ヨーロッパリーグ(EL)では予選を通過し、勝ち進んできた。まだやるべきことは多く、いくつもの仕事を同時にこなさなければならないが、非常に刺激的でモチベーションが上がる」

 「これほど若く、意欲のあるチームであれば、より多くの試合に出場した方が良いはずだと確信している。3日ごとに行われる試合にもしり込みすることはない。むしろ、まさに我々が求めていることだと言える。プレーすることで成長できる。すべての大会で良いパフォーマンスを見せられるよう願っている」

 「コッパ・イタリアは重要な大会。わずか5試合で頂点まで到達することができる。我々には挑戦する義務がある。ただ明日は、9日間で4試合目になる。コンディションが良く、よりフレッシュな選手を起用する決断も下さなければならない。リーグ戦において手こずった相手であり、競争力のあるACミランで臨むつもりだ」

 またACミラン指揮官は、チームのメンタリティについて言及し、選手たちを称えた。

 「このチームの素晴らしいところは、多くのチャンスを作り出し、多くのシュートを放つなど、選手たちに積極的な姿勢が見られることだろう。勝利を収めるために必要なクオリティを持ち合わせていると確信してピッチに入り、プレーしている調子が良くない日もあるが、チームの士気が下がることはない。このままの姿勢を維持し、さらになる成長を目指したい」(Goal.com)