2021.1.13 20:12(1/2ページ)

2日前のスパーズ戦開催決定に怒りのフラム指揮官「スキャンダラス。狂気の沙汰」

2日前のスパーズ戦開催決定に怒りのフラム指揮官「スキャンダラス。狂気の沙汰」

2日前のスパーズ戦開催決定に怒りのフラム指揮官「スキャンダラス。狂気の沙汰」

2日前のスパーズ戦開催決定に怒りのフラム指揮官「スキャンダラス。狂気の沙汰」【拡大】

 フラムのスコット・パーカー監督は、2日前のトットナム戦開催決定の判断を“スキャンダラス”と一蹴した。

 昨年末にフラムで新型コロナウイルスの集団感染が発生したことにより、当初30日に予定されていた敵地でのトットナム戦の延期が決定。代替日程は未定のままだったが、同じく集団感染が起きるアストンビラとトットナムの13日の試合が延期されることが決まり、代わりにトットナムとフラムの一戦が行われることが決まった。

 当初、フラムはミッドウィークに試合を予定しておらず、15日にチェルシーと対戦予定だったが、トットナム戦が行われることにより、15日の一戦は1日順延されることが決まった。

 試合開始48時間前の突然の決定を受け、パーカー監督は12日のプレスカンファレンスで「これは正しいことではないから、怒っている。間違いだ。だから、とても怒っているんだ」とプレミアリーグの判断への不満をあらわにし、怒りを続けた。

【続きを読む】