2021.1.13 17:40

J1昇格のアビスパ福岡でトップチーム選手1名が新型コロナ陽性 感染経路は判明せず

J1昇格のアビスパ福岡でトップチーム選手1名が新型コロナ陽性 感染経路は判明せず

J1昇格のアビスパ福岡でトップチーム選手1名が新型コロナ陽性 感染経路は判明せず

J1昇格のアビスパ福岡でトップチーム選手1名が新型コロナ陽性 感染経路は判明せず【拡大】

 アビスパ福岡は13日、トップチーム選手1名に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたことを発表した。

 福岡の公式サイト上に掲載されている情報では、当該選手は1月6日から12日にかけての体温が「36.7℃→→36.6℃→36.4℃→36.6℃→36.5℃→36.6℃→36.6℃」と推移。この7日間中はいずれも体調不良なしとされている。

 福岡では、13日のトップチーム始動にあたり、前12日の8:30より全選手とスタッフ23名を対象にPCR検査を実施。同日夕方に当該選手の陽性が判明したが、現在でも無症状であり、体調管理システムや毎日の検温でも目立った異常はなかったと伝えられた。

 また、管轄保健所の指導のもとで直近2週間の行動履歴を確認したが、感染経路は分かっていないとのこと。当該選手は保健所の指示により隔離中であり、その他の選手、スタッフについては発熱などの症状を呈している者はいないと報告している。

 福岡は今後、保健所の指導を仰ぎながら必要箇所の消毒対応など適切に対応していくという。当該選手のクラブハウス、ロッカーなどへの立ち入りはなかったが、チーム活動について「この度の陽性判定の結果を受け、改めて選手およびチーム関係者全員に感染症対策の周知と徹底をはかり、手指消毒をはじめ、選手スタッフの体調管理や施設の消毒等、万全の対策を講じてチーム活動を行ってまいります」としている。(Goal.com)