2021.1.13 00:39(1/2ページ)

緊急事態宣言下での新型コロナ対策連絡会議が開催 Jリーグクラブのキャンプは予定通り実施の方針

緊急事態宣言下での新型コロナ対策連絡会議が開催 Jリーグクラブのキャンプは予定通り実施の方針

緊急事態宣言下での新型コロナ対策連絡会議が開催 Jリーグクラブのキャンプは予定通り実施の方針

緊急事態宣言下での新型コロナ対策連絡会議が開催 Jリーグクラブのキャンプは予定通り実施の方針【拡大】

 Jリーグは12日、第23回新型コロナウイルス対策連絡会議後の合同オンライン会見をNPBとの共同で行った。

 感染者数の増加が続き、緊急事態宣言が1月7日に東京、埼玉、千葉、神奈川の一都三県を対象として発出されている。2月下旬に予定されている2021シーズンの開幕に向けて準備を進めるJリーグだが、新型コロナ対策連絡会議では1月半ばからのキャンプについて議論が交わされた。

 会見に登壇した東北医科薬科大の賀来満夫特任教授は、「最終的には感染状況によるが、現時点では地域の自治体と連絡を取っていただいて、地域の自治体の状況を踏まえた段階」でキャンプが実施されるべきとの見解を示した。一方で、愛知医科大学の三鴨廣繁教授は、シーズンスタートの時期を考えれば延期や中止の決定は考えにくいと語っている。

 「キャンプをしなければシーズンが始まらないのはアスリートとして当然。キャンプをいかに自治体と協和しながらやっていけるかを話し合いました。シーズンということを考えたらキャンプはこの時期しかない。基本的にキャンプを延期するという議論はなく、いかに安全にやるかに(議論が)集中しました」

【続きを読む】