2021.1.12 20:52

Jクラブ、キャンプでファンサービスは行わず 実行委員会で申し合わせ

Jクラブ、キャンプでファンサービスは行わず 実行委員会で申し合わせ

 Jリーグは12日、オンラインでクラブ代表者による実行委員会を開き、新型コロナウイルスの感染再拡大を考慮して、今年のキャンプでは選手との握手やサインなどファンサービスを行わないことを申し合わせた。観客の来場可否は各自治体の意向に従う。

 現時点でキャンプの受け入れに難色を示す自治体はなく、地元から理解を得られるよう感染防止対策を徹底する。現地入り前にPCR検査を行い、キャンプ入り後はシーズン中よりも頻度が多い週1回の検査を実施。リーグが費用を負担する。

 キャンプのガイドラインを作成中で、村井満チェアマンは「ウイルスをキャンプ地に運ばないよう徹底する」と話した。

 Jリーグのクラブは1月中旬から順次、沖縄や宮崎、鹿児島、静岡などで合宿する予定。