2021.1.4 16:18

Jリーグ、障害者向けに就労体験 テープやいすの清掃

Jリーグ、障害者向けに就労体験 テープやいすの清掃

 YBCルヴァン・カップ決勝(4日、柏-FC東京、国立)Jリーグが障害者向けの就労体験会を開いた。試合前の国立競技場で知的障害のある男女2人がテーブルやいすの清掃に従事。消毒液を染みこませた雑巾で丁寧に作業をした松井春花さん(25)は「お客さまのために、きれいにちゃんと使えるように頑張ってふきました」と胸を張った。

 J1横浜FCや川崎、J3藤枝がクラブ単位で就労体験を行った事例はあった。Jリーグ社会連携室の鈴木順室長は「障害がある方も前向きに活躍できる場所がある。幅広く知ってもらうため、Jリーグがやることに意義がある」と強調した。