2020.11.22 19:36

元日本代表FW永里優季、初の先発出場 男子チームで最後の公式戦「貴重な経験」

元日本代表FW永里優季、初の先発出場 男子チームで最後の公式戦「貴重な経験」

特集:
森保JAPAN
サッカー神奈川県2部リーグ最終節でプレーする「はやぶさイレブン」の永里優季(中央)=神奈川県厚木市

サッカー神奈川県2部リーグ最終節でプレーする「はやぶさイレブン」の永里優季(中央)=神奈川県厚木市【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 サッカー女子の元日本代表FWで、神奈川県2部リーグの男子チーム「はやぶさイレブン」に期限付き移籍中の永里優季が22日、神奈川県厚木市で行われたリーグ戦最終節で最後の公式戦に臨んだ。初の先発出場で約65分間プレーし「ある程度長く出たのが久しぶりだったので、いろいろなことを考えながらプレーした。貴重な経験をさせてもらった」と語った。

 出場は4試合目。これまで試合終盤に投入されていたが、開始から兄の源気と2トップを組んだ。前半に相手ゴール前で左クロスを冷静に頭で折り返して好機をつくり、自陣から前線へ正確なロングパスも供給した。

 チームによると、12月20日に行われる1部昇格を懸けた試合には登録期間の関係上出場できず、異例の挑戦はひと区切り。「練習も試合もいつもよりスピード感があったので、自分の判断スピードは確実に上がっている。この期間に感じたことは必ず未来に生きる」と充実した様子だった。