2020.11.21 09:02

負傷者相次ぐリバプールに朗報…チアゴ&ファビーニョがレスター戦前に復帰に近づく

負傷者相次ぐリバプールに朗報…チアゴ&ファビーニョがレスター戦前に復帰に近づく

 リバプールのチアゴ・アルカンタラとファビーニョがレスター・シティ戦で復帰できる可能性がある。

 プレミアリーグ連覇を目指す今シーズン、リバプールはここまで首位と勝ち点1差の3位につけるなどの好スタートを切る。しかし、ディフェンス陣を中心に負傷者が続出し、中でもヴィルヒル・ファン・ダイクとジョー・ゴメスのセンターバックの2人は今シーズンの大半を離脱する重傷を負った。インターナショナルブレイク中にもジョーダン・ヘンダーソンらがケガし、状況は悪化するばかりだ。

 新型コロナウイルスによる過密日程に加え、プレミアリーグが従来の3人交代制を選択したことに異議を唱えてきたクロップ監督は、22日のレスター戦を前にしたプレスカンファレンスで離脱する選手たちの状態について明かした。

 「ヘンド(ヘンダーソン)はプレーできない。このことははっきりしている。その他の選手たちについては、これから状態を見極めることになる。選手たちの状態は良い。彼ら全員が復帰に近づいている。しかし、週末に間に合うかはわからない」

 主将のヘンダーソンとともに、トレント・アレクサンダー=アーノルドもレスター戦を欠場することが濃厚。その一方で、エバートン戦で負傷したチアゴとシェフィールド・ユナイテッド戦でケガしたファビーニョは、今週に行われたトレーニングに参加する様子がカメラに捉えられており、首位との試合に出場できる可能性があるようだ。

 また、イングランド代表の練習中に重傷を負ったゴメスについては「本当にタフだ。それでも手術は成功し、復帰に向けてリハビリテーションを開始した。できる限り彼をサポートしたい」とコメントした。(Goal.com)