2020.11.20 06:02

盟友セスク「僕はメッシがバルサを退団する日を想像するんだ…」

盟友セスク「僕はメッシがバルサを退団する日を想像するんだ…」

盟友セスク「僕はメッシがバルサを退団する日を想像するんだ…」

盟友セスク「僕はメッシがバルサを退団する日を想像するんだ…」【拡大】

 モナコに所属する元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて語った。

 共に1987年生まれのセスクとメッシは、バルセロナ下部組織時代から多くの時間を共にしてきた盟友。アーセナルやチェルシーなどに在籍したセスクに対してメッシはバルセロナ一筋のキャリアを歩んでいるが、昨夏にはクラブからの退団希望を明らかにした。

 契約の問題もあって最終的に残留することになったが、満了を迎える来夏には新天地を求める可能性も。セスクは、仮にメッシが退団することになっても、「誰も彼から遺産を盗むことはできない」と『Catalunya Radio』で口にし、その功績が燦然と輝くものであると改めて強調した。

 「僕はレオがバルセロナを退団する日を想像するんだ。レオは言わずと知れた大スターであり、ファンは『出て行っちゃうのか…』と思うだろう。彼がプレーし始めた最初の1分からこれまでのシーズンにやってきたこと全てに対し、誰もが改めて大きな価値を見るだろう。彼から遺産を盗むことは誰にもできない。それは永遠に残り続けるんだ」

 「クラブ内部の人間が彼を傷つけるのを見るのは残念だったが、カタルーニャの人間として彼がバルセロナに残ったことに感謝している。来年の夏、彼の将来について僕は何も知らない。何も知らないよ」(Goal.com)