2020.11.18 22:54

横浜M、1人退場も健闘 エリキ「チームとして一皮むけたと感じた」

横浜M、1人退場も健闘 エリキ「チームとして一皮むけたと感じた」

川崎に競り負け、肩を落とす仲川(右から2人目)ら横浜Mイレブン=等々力

川崎に競り負け、肩を落とす仲川(右から2人目)ら横浜Mイレブン=等々力【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 明治安田J1第30節第2日(18日、川崎3-1横浜M、等々力)横浜Mは前半40分に連係ミスからGK高丘が一発退場となったが、1人少ない後半も健闘した。0-1の後半14分に右CKから畠中が決め、さらに鋭いカウンターからエリキが決定機を迎える場面もあった。

 エリキは「負けたが、チームとして一皮むけたと感じた」と手応え十分の表情。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に向け、喜田は「自信を持ってACLに行くべきだ。自分たちはアジア王者を欲している」と強調した。

横浜M・ポステコグルー監督「退場に関してはわれわれのミス。難しい状況になったが、最後まで諦めずに戦った」

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ