2020.10.27 11:53

「どうすればVARがミスできるんだ?」モウリーニョが物議の判定続くVARを非難

「どうすればVARがミスできるんだ?」モウリーニョが物議の判定続くVARを非難

「どうすればVARがミスできるんだ?」モウリーニョが物議の判定続くVARを非難

「どうすればVARがミスできるんだ?」モウリーニョが物議の判定続くVARを非難【拡大】

 トットナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を非難した。

 プレミアリーグでは昨シーズンから導入されたVAR。誤審を減らすための役割を期待された最新テクノロジーだが、微妙なオフサイドを取ったり、使用プロセスに一貫性がないなど、さまざまな意見が飛び交っている。

 先日のマージーサイドダービーでのジョーダン・ピックフォードからヴィルヒル・ファン・ダイクへのチャージは、その前にオフサイドがあったとして流され、チャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスターC対ポルトではイルカイ・ギュンドアンがポルトGKの脚を踏みつけるも見逃され、直後の反則によりマンチェスター・CにPKが与えられたりと物議を醸しだす。

 頻繁に議論を巻き起こす判定が起きることについて、モウリーニョ監督は26日のバーンリー戦前に「VARがある前提で試合が進められていると思う。VARなしでは、人間であるレフェリーはミスをする。人為的ミスを受け入れることは難しかったが、私は学習し、今ではレフェリーのミスを受け入れられるようになった」と話すも、VARのミスを許すことはできないと続けた。

 「我々が受け入れられないのはVARのミスだ。(マージーサイドダービーで)ラインズマンがオフサイドを取ったことで、ひどいタックルだったが何もないものになった。ポルトのゴールキーパーも脚を壊されかけた。誰もポルトのゴールキーパーが足を壊されそうになった場面がどのようにして相手チームのペナルティになったかなんて理解できない」

 「レフェリーにミスがあったとしても、試合は100mphで動くからみんながそれを受け入れるはずだ。しかし、VARがあったとき、どうすればVARがミスできるんだ?ピックフォードのシチュエーションはVARの問題であり、レフェリーの問題ではない」(Goal.com)