2020.10.21 19:56

反町康治技術委員長「Jリーグで頭角を現してきた選手がいる」 年内に国内の五輪世代強化

反町康治技術委員長「Jリーグで頭角を現してきた選手がいる」 年内に国内の五輪世代強化

 日本サッカー協会の反町康治技術委員長が21日、オンラインで取材に応じ、男子の東京五輪世代(1997年以降生まれ)の国内組を集めた強化試合や合宿を年内に行う方針を明らかにした。「Jリーグで頭角を現してきた選手がいる。そういう選手を集め、現状把握をしたい」と話した。

 来年3、6月には五輪出場国を日本に招いて強化試合を開催する意向。五輪世代のチームは今年1月のU-23(23歳以下)アジア選手権以降、活動の場を失っている。

 この日の技術委員会では今月行ったフル代表のオランダでの国際親善試合を総括した。欧州組を移動距離の少ない現地で集めた結果として「1年前の活動に比べると1・5倍ぐらいの練習の強度を得られた。それがそのまま試合の強度につながった」とメリットを挙げた。