2020.10.21 20:48

神戸、重かった前半2失点 リーグ戦、ホームで鹿島に10試合勝ちなし

神戸、重かった前半2失点 リーグ戦、ホームで鹿島に10試合勝ちなし

鹿島に敗れ、引き揚げるイニエスタ(左から2人目)ら神戸イレブン=ノエスタ

鹿島に敗れ、引き揚げるイニエスタ(左から2人目)ら神戸イレブン=ノエスタ【拡大】

 明治安田J1第33節第1日(21日、神戸1-3鹿島、ノエスタ)神戸は連戦の疲労を考慮してフェルマーレンや酒井ら守備の主力をベンチ外とした。だが、守りの隙を突かれた前半の2失点が響いた。三浦監督は「前半の失点を含め、チームとしての甘さが出た。悔やまれる」と険しい表情だった。 

 前半12分に自陣右サイドの深い位置でプレスを受けてボールを失い、先制を許した。同終了間際にも再び右を崩されて追加点を与えた。

 攻守の切り替えの早さで上回る相手に押されてリズムをつかめず、後半16分にイニエスタの左CKに藤本が頭で合わせて1点を返すにとどまった。これでホームでの鹿島とのリーグ戦は、2009年の白星を最後に10試合勝利なし(2分け8敗)となった。

神戸・田中「何とか流れを変えたかった。90分を通してすごく難しい試合だった」

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ