2020.10.19 10:01

今季初黒星のRマドリード、クルトワは「敗戦は常にいいこと」と前向き

今季初黒星のRマドリード、クルトワは「敗戦は常にいいこと」と前向き

今季初黒星のRマドリード、クルトワは「敗戦は常にいいこと」と前向き

今季初黒星のRマドリード、クルトワは「敗戦は常にいいこと」と前向き【拡大】

 RマドリードのGKティボー・クルトワは、カディス戦の敗北がチームにとっていいものになると主張している。

 Rマドリードは17日、ラ・リーガ第6節でカディスと対戦。昇格組を相手に0-1と敗れ、今季初黒星を喫している。一方で、クルトワは「敗戦は常にいいこと」とチームを呼び覚ますきっかけになると話した。

 「僕らは悪いプレーをしたし、改善できるということを実感した。あまり重要視すべきではない。特にホームの試合は勝たなければならないが、これからどんどん試合はやってくる。シャフタール戦でいいパフォーマンスを発揮し、勝利して自信を持ってカンプ・ノウに向かわなければならない」

 さらに、試合については「分析して色々見ていかなければならない。前半のパフォーマンスは非常に悪く、すべての部分でカディスより劣っていた」と厳しい言葉を続けている。(Goal.com)