2020.10.19 10:06

4発で今季2勝目のマンU、主将マグワイアは皮肉?「批判に応えたとは言えないね」

4発で今季2勝目のマンU、主将マグワイアは皮肉?「批判に応えたとは言えないね」

4発で今季2勝目のマンU、主将マグワイアは皮肉?「批判に応えたとは言えないね」

4発で今季2勝目のマンU、主将マグワイアは皮肉?「批判に応えたとは言えないね」【拡大】

 マンチェスターUDFハリー・マグワイアは、シーズンは長い道のりであることを強調した。

 17日のプレミアリーグ第5節で、ニューカッスルと対戦したマンチェスター・U。開始2分にオウンゴールで失点したものの、23分にCKからマグワイアが同点弾。その後苦しい時間は続いたが、86分から3ゴールを奪って4-1と勝利を収めている。

 前節はトットナムに1-6で敗れるなど開幕3試合で2敗を喫し、プレッシャーにさらされていたマンチェスター・U。この勝利で成績を2勝2敗のイーブンに戻したが、主将マグワイアは『スカイスポーツ』に対し「(批評家に)応えたとは言えないね」とし、シーズンは長期戦であることを強調している。

 「面白いね、シーズンに入って3試合で大きな危機感を持っているようだ。2勝2敗。まだまだ長い道のりがあるし、僕らは改善していかなければいけない」

 「このクラブでプレーしていて、ホームで敗れた時は、自分たちに問いかける。僕らは懸命にトレーニングをしているし、素晴らしいグループだ。立ち直らなければならないことはわかっていた。もし1点で終わっていたら、本当にきつかっただろうね。十分に値する勝利だったよ」

 「最高の状態ではない試合もあるけど、基本的なことはしっかりとやらなければならない。負けた試合ではそれができていなかった。これから厳しい戦いが待っているね」

 「僕らは若いチームだが、それを言い訳にするつもりはない。スタートは残念だったが、今夜は必要な時に良いパフォーマンスを見せることができた」(Goal.com)