2020.10.19 02:07

鎌田大地が先制PK獲得も フランクフルトはケルンに追いつかれてドロー

鎌田大地が先制PK獲得も フランクフルトはケルンに追いつかれてドロー

特集:
鎌田大地
鎌田大地が先制PK獲得も フランクフルトはケルンに追いつかれてドロー

鎌田大地が先制PK獲得も フランクフルトはケルンに追いつかれてドロー【拡大】

 ブンデスリーガ第4節が18日に行われ、ケルンとフランクフルトが対戦した。

 フランクフルトは鎌田大地、長谷部誠が揃って先発。日本代表での活動を終えて戻ってきた鎌田はトップ下に入った。一方のケルンは開幕から3連敗を喫しており、インターナショナルウィーク明けで切り替えていきたいところだ。

 なかなか両チームチャンスを得られない展開が続いたが、前半終了間際に動く。バス・ドストのポストプレーに鎌田が飛び込む。シュートに至ろうかという場面で相手DFに倒され、VARの末にフランクフルトがPKを獲得。これをアンドレ・シウバがゴール右に確実に沈め、1点をリードして前半を終える。

 後半開始早々には、右サイドからのクロスに鎌田が合わせるチャンスが訪れるが、空振りで活かせず。鎌田も思わず頭を抱える。

 すると52分、右サイドからのクロスにオンドレイ・ドゥダが合わせ、ケルンが同点に追いつく。ケルンはこのゴールで活力を取り戻し、前線へとボールが運ばれるようになる。

 結局、試合は1-1のまま終了。ケルンが今季初の勝ち点を獲得している。鎌田、長谷部はともにフル出場となった。(Goal.com)