2020.10.18 20:31

G大阪・パトリックが大仕事 途中出場で決勝点「自分のポジションを意識した」

G大阪・パトリックが大仕事 途中出場で決勝点「自分のポジションを意識した」

後半、ヘディングで決勝ゴールを決めるG大阪・パトリック(右端)=昭和電ドーム

後半、ヘディングで決勝ゴールを決めるG大阪・パトリック(右端)=昭和電ドーム【拡大】

 明治安田J1第23節最終日(18日、大分0-1G大阪、昭和電ド)前節に連勝が止まったG大阪だが、アウェーで着実に勝ち点3をつかんだ。大仕事をやったのは途中出場のパトリックだ。後半から投入されると空中戦の強さを存分に発揮。27分に宇佐美の右CKを頭で合わせて、均衡を破った。

 「貴史(宇佐美)から質の高いボールが何回も入っていた」と、同僚の正確なキックを絶賛。「自分のポジションを意識した。しっかりとボールに合わせられるように」と得点シーンを振り返った。

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ