2020.10.18 15:11

福森のピンポイントクロスに駒井!札幌に屈した鹿島は3戦ぶり黒星

福森のピンポイントクロスに駒井!札幌に屈した鹿島は3戦ぶり黒星

福森のピンポイントクロスに駒井!札幌に屈した鹿島は3戦ぶり黒星

福森のピンポイントクロスに駒井!札幌に屈した鹿島は3戦ぶり黒星【拡大】

 明治安田生命J1リーグは18日に第23節が行われ、北海道コンサドーレ札幌は鹿島アントラーズと対戦した。

 前節の名古屋グランパス戦で0-3の完敗を喫した北海道コンサドーレ14位・札幌が、連勝中の6位・鹿島アントラーズをホームに迎えた一戦。札幌はFW荒野拓馬やMF宮澤裕樹を起用して“ゼロトップ”を採用し、鹿島はFWエヴェラウドやFW土居聖真らを送り出して4-4-2の布陣で試合に入った。

 中盤での攻防が続く試合では鹿島が比較的高い位置まで押し上げることに成功するが、チャンスを作るのは札幌。20分には右CKから福森晃斗のクロスにノープレッシャーのルーカス・フェルナンデスが合わせるが、これは枠に飛ばない。

 鹿島がなかなかシュートまでたどり着かないなか、32分に札幌のカウンターが発動。しかし、ボックス右まで侵攻したL・フェルナンデスがGK沖悠哉と一対一の状況で選択した中央の駒井善成への横パスはわずかにズレ、札幌も決定機をものにすることができないまま時間が進んでいく。

 それでも41分、ボックス左の高い位置でボールを受けた福森が左足で中央に低い弾道のクロスを供給。駒井がワンタッチで合わせて枠に飛ばし、良い時間帯に先制点を奪い切った。

 ビハインドで折り返した鹿島は攻勢を強める。後半序盤の三竿健斗のミドルシュートは枠を外れたものの積極的にゴールに迫っていく姿勢を見せた。対する札幌も素早い攻撃から追加点を狙い、チャンスを作り続ける。

 鹿島は60分、3枚替えを敢行。荒木遼太郎、ファン・アラーノ、小泉慶に代えて上田綺世、永木亮太、松村優太を投入し、ボールの受け手と出し手を同時に増やす。すると、抜群の動き出しを見せる上田に数回のシュートチャンスが訪れるが、いずれも決め切ることができない。

 逆に78分には荒野がボックス手前右やや距離のある位置から強烈なシュートを浴びせたが、GK沖悠哉がはじき出した。

 結局、スコアが前半終了時から動かないまま試合が終了。この結果、札幌が2試合ぶりの白星を飾った。一方の鹿島は3試合ぶりの敗戦を喫している。

 ■試合結果

 北海道コンサドーレ札幌 1-0 鹿島アントラーズ

 ■得点者

 札幌:駒井善成(41分)

 鹿島:なし

(Goal.com)