2020.10.15 07:30

【本田泰人のハードマーク】久保は気合が入りすぎ 吉田&冨安のCB安定していた

【本田泰人のハードマーク】

久保は気合が入りすぎ 吉田&冨安のCB安定していた

特集:
冨安健洋
吉田麻也
後半途中にベンチに下がった久保(左)とハイタッチを交わす森保監督(ゲッティ=共同)

後半途中にベンチに下がった久保(左)とハイタッチを交わす森保監督(ゲッティ=共同)【拡大】

 サッカー日本代表国際親善試合(13日、日本1-0コートジボワール、オランダ・ユトレヒト)結果的に、森保監督の采配が的中した。試合終了間際、室屋から植田に代えなければ、あの“サヨナラゴール”はなかった。植田もいい仕事をしたと思う。

 アフリカ勢に対して粘り強く戦い、勝ったことは自信になる。無失点に貢献した吉田と冨安のセンターバックは安定していた。守備の意識は高かった。

 ただ、攻撃には注文をつけたい。大迫が出ていない影響なのか、ポストプレーができていなかった。1トップで先発した鈴木は、得意ではないのだろう。前線のコンビネーションが悪く、簡単にボールを失っていた。パスの出し手と受け手は互いに気持ちを察し、あうんの呼吸で合わせてほしい。わずかな練習時間でも、代表選手ならできないといけない。

 先発した久保は、気合が入りすぎているように見えた。いい状態でボールを受けられず、後半16分に交代したが、90分プレーできる選手。もう少し見たかった。(本紙専属評論家)

試合結果へ試合日程へ代表メンバーへ

  • 敵陣に攻め込む久保。釜本氏は1人で突破する選手になってほしいと期待した(共同)
  • 試合終了間際、決勝ゴールを決める植田(左から2人目)=ユトレヒト(ゲッティ=共同)
  • 試合終了間際、決勝ゴールを決め、喜ぶ植田=ユトレヒト(ゲッティ=共同)