2020.10.5 14:19

バルセロナとデパイは合意済み リヨンSDが認める

バルセロナとデパイは合意済み リヨンSDが認める

 リヨンのスポーツディレクターを務めるジュニーニョ氏が、メンフィス・デパイのバルセロナ移籍について語った。

 今夏就任したロナルド・クーマン監督のトップターゲットとされるデパイ。先日から個人合意に達したことが複数メディアで伝えられており、直近2試合では去就の影響でベンチスタートになるなど、移籍の可能性が高まっていると見られている。

 そして4日のマルセイユ戦後(1-1)、ジュニーニョのSDは『Telefoot』に対し、デパイの去就に関して語った。

 「メンフィス? 彼は契約の最終年で、バルサと合意している。明日には出ていくかもしれないが、確実なことは何もないよ」

 「移籍する可能性は高いが、もし残ってくれれば、試合に勝つために助けてくれることを期待している」

 なお移籍市場のスペシャリストであるファブリツィオ・ロマーノ記者によると、リヨンは移籍金2500万ユーロ(約31億円)+ボーナスのオファーを受け入れる準備ができているという。一方バルセロナは、ウスマン・デンベレを放出する必要があるとし、マンチェスターUと交渉中。本人も移籍にオープンであるようだ。

 移籍市場は5日までだが、最終日にアタッカーの玉突き移籍が発生するのかもしれない。(Goal.com)