2020.9.29 21:29

柏・戸嶋、左脛腓骨骨折で今季絶望も…交錯相手へのリスペクト呼びかけ「またピッチで闘うことを約束」

柏・戸嶋、左脛腓骨骨折で今季絶望も…交錯相手へのリスペクト呼びかけ「またピッチで闘うことを約束」

柏・戸嶋、左脛腓骨骨折で今季絶望も…交錯相手へのリスペクト呼びかけ「またピッチで闘うことを約束」

柏・戸嶋、左脛腓骨骨折で今季絶望も…交錯相手へのリスペクト呼びかけ「またピッチで闘うことを約束」【拡大】

 柏レイソルは29日、MF戸嶋祥郎が左脛腓骨骨折で治療に約4~6ヶ月を要する見込みであることを発表した。

 クラブの発表によれば、戸嶋は27日の明治安田生命J1リーグ第19節横浜F・マリノス戦で負傷。検査の結果、今季絶望の大ケガを負っていることがわかった。

 ショッキングな診断となった戸嶋だが、当人はクラブ公式サイトを通じて「ご心配をおかけして申し訳ありません。必ず復帰しますので安心してください。皆さまからの温かい声を耳にし、感謝の気持ちでいっぱいです」と感謝。

 横浜FM戦では先発出場したものの、接触プレー後の36分に交代を余儀なくされていたが、その場面にも言及した。

 「交錯した相手選手からもご丁寧にご連絡をいただきました。ご自身もあのシーンで痛めてしまったようで、軽傷であることを願うばかりです。最後にまたピッチで闘うことを約束できました」

 一方でSNSなどでは接触した相手選手に対する批判的な反応も。しかし、戸嶋はリスペクトを呼び掛けている。

 「一方で、この件に関して耳が痛くなるような発言もあり、残念です。どうか、Jリーグ、サッカーに関わる方々が先駆けとなって、今以上に温かい声があふれ、お互いをリスペクトする想いに満ちていくことを願います。また、新型コロナウイルス感染症を乗り越え、今まで以上に熱気にあふれたスタジアムが戻ってくることも願っています」

 今シーズンの明治安田生命J1リーグ16試合に出場しており、主力としての座をつかんでいた戸嶋。しばらくはピッチを離れることとなったが、すでに前を向いて復活に意気込んでいる。

 「少しでも早くピッチに立てるよう、今できることから努力していきます。次こそはレイソルの勝利に貢献できるよう、J1の舞台でゴールを決められるよう、さらに強くなって戻ってきます。

 頑張ります!これからも柏レイソルへの応援をよろしくお願いします!」(Goal.com)