2020.9.16 09:28

20歳トナーリがACミラン入団会見「ACミランのために他のすべての可能性を閉じた」

20歳トナーリがACミラン入団会見「ACミランのために他のすべての可能性を閉じた」

20歳トナーリがACミラン入団会見「ACミランのために他のすべての可能性を閉じた」

20歳トナーリがACミラン入団会見「ACミランのために他のすべての可能性を閉じた」【拡大】

 ACミラン新加入の20歳MFサンドロ・トナーリが14日、入団会見に出席して喜びなどを語った。

 ユベントス指揮官のアンドレア・ピルロを彷彿させる風貌に加えて、ブレシア出身であることから“ネクスト・ピルロ”として注目を集めるトナーリ。移籍市場においてはこれまでユベントスやインテルミラノなども獲得に関心を示していたが、最終的にトナーリの意中のクラブであったACミランへの移籍が決定した。13日には、古巣との練習試合でデビューも飾った。元ブレシアMFはACミランからのオファーを振り返る。

 「ACミランが関心を持ってくれていることを知った時は、誰とも話すことなく離れた場所で落ち着きを保っていた。それから代理人に連絡を取り、『ACミランに行きたい』と伝えたんだ。ACミラン行きのチャンスがあると分かった時は、他のあらゆる可能性を閉じた。僕はACミランに行くしかなかったんだ。(ブレシアのマッシモ)チェッリーノ会長とは良い関係を築いていたので、僕のためにACミランへ行かせて欲しいと頼み込むと、譲歩して約束を守ってくれたよ。会長には感謝している」

 また、トナーリは子供時代からナポリ指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾのファンであることを公言。元ACミランの闘将がかつて背負っていた背番号8番を選択できたことを喜んだ。さらにACミラン幹部のパオロ・マルディーニ氏にも触れている。

 「小さい頃はガットゥーゾが僕のアイドルだったんだ。8番を選んだのは、空いていたし最も良い番号だったから。ガットゥーゾは監督としても最高の人物だよ。8番は僕の選択肢の中で完璧な番号だった。それにパオロ・マルディーニに会えたことはかなりの衝撃だったよ。彼と仕事ができて光栄だ」

 トナーリは最後に38歳のFWズラタン・イブラヒモヴィッチに言及。「最も印象的な選手の1人。ACミランでプレーしていた頃から尊敬していた。チーム全体を背負って勝利へと導くことができる選手だと思う」とコメントした。(Goal.com)