2020.9.16 05:01

A代表オランダ遠征に五輪世代を複数人招集 森保監督が明言「学びになる」

A代表オランダ遠征に五輪世代を複数人招集 森保監督が明言「学びになる」

特集:
森保JAPAN
オンライン取材で10月の代表活動に意欲を示した森保監督

オンライン取材で10月の代表活動に意欲を示した森保監督【拡大】

 日本代表の森保一監督(52)が15日、オンライン取材に応じ、今年初の活動となる10月のオランダ遠征に、23歳以下の東京五輪世代も招集する考えを明かした。

 「五輪世代を少し呼びたい。全員、試合で使えるか分からないが、経験の浅い選手はA代表で活動するだけでも学びになると思う」

 A代表と兼任で指揮する五輪世代の活動は、今年1月のU-23(23歳以下)アジア杯を最後に行われていない。そこで今回は、通常23人前後の招集メンバーを30人弱まで増やすという。A代表の常連でない五輪世代には、昨夏の南米選手権に出場したFW安部裕葵(21)=バルセロナB=やMF三好康児(23)=アントワープ=らがいる。

 「国内から呼ぶと、2週間の自主待機など1カ月くらい活動できなくなる」と述べ、帰国時に行動制限があるJリーグ勢は招集を見送る方針を示した。10月9日にカメルーン、13日にコートジボワールと国際親善試合を行う。(邨田直人)

試合日程へ