2020.9.16 18:12

フランクフルト、鎌田大地との契約延長を正式発表!2023年までの新契約を締結

フランクフルト、鎌田大地との契約延長を正式発表!2023年までの新契約を締結

特集:
鎌田大地
フランクフルト、鎌田大地との契約延長を正式発表!2023年までの新契約を締結

フランクフルト、鎌田大地との契約延長を正式発表!2023年までの新契約を締結【拡大】

 フランクフルトは16日、日本代表MF鎌田大地との契約を延長したことを発表。新契約は2023年までとなっている。

 現在24歳の鎌田は、2017年夏に4年契約でフランクフルトに加入。新天地での1年目はほとんど出場機会を得られず、翌シーズンはレンタルでシント=トロイデンへ送り出された。すると、ベルギーの地で16ゴール9アシストとブレイク。昨夏には所属元に復帰し、公式戦48試合に出場して10ゴール9アシストを記録するなど活躍を見せていた。

 そんな鎌田との契約が最終年に突入したフランクフルトは、今夏のオフに新契約を提示するも、選手側とはなかなか折り合いがつかず。現地メディアでは、交渉が難航したことで一時は一定の移籍金が得られる今夏の売却の可能性もあると伝えられていた。しかし、ここにきて話がまとまり、合意に至っている。

 鎌田は契約延長に満足している様子。クラブの公式ウェブサイトを通じて、「ヨーロッパ、そしてとりわけフランクフルトがとても居心地良いです。昨シーズンは自分の強みをチームに上手く持ち込むことができ、ここで次の一歩進みたいです。クラブはとても熱心で、絶対に残って欲しいというフィーリングが伝わりました。もちろん、この恩を優れたパフォーマンスで返したいと思いますし、さらに成長したいと思います」と喜びを表しつつ、意気込みを示している。

 また、フレディ・ボビッチ執行役員は「ダイチ・カマダは、我々の下で若い選手が成長し、彼らをサポートできるといった最高の例。レンタル移籍も彼にとって良かった。彼はベルギーでは大きく前進し、昨シーズンはうちで完全なる説得力を示した。ダイチが残留を選んでくれて喜んでいる。今後数年間、彼がチームにおいてさらに大事な役割を果たせることを確信している」とコメント。攻撃的MFの今後のプレーに大きな期待を寄せる様子をうかがわせた。(Goal.com)