2020.9.14 12:55

久保建英&岡崎慎司はどちらも低評価…日本人対決となったビリャレアル対ウエスカ

久保建英&岡崎慎司はどちらも低評価…日本人対決となったビリャレアル対ウエスカ

特集:
久保建英
岡崎慎司
久保建英&岡崎慎司はどちらも低評価…日本人対決となったビリャレアル対ウエスカ

久保建英&岡崎慎司はどちらも低評価…日本人対決となったビリャレアル対ウエスカ【拡大】

 3日のラ・リーガ開幕節、ラ・セラミカでのビリャレアル対ウエスカは1-1のドローで終了した。ビリャレアルMF久保建英、ウエスカFW岡崎慎司のスペインメディアにおける評価は低めとなっている。

 日本人対決として注目が集まったこの試合。先発の岡崎は得意のヘディングシュートによって2回ほどチャンスを迎えたがどちらも決め切れず、一方で70分過ぎに出場した久保はシュート性のクロスでチャンスをつくる場面もあったものの、限られた時間の中で見せ場は少なかった。

 スペイン『マルカ』、『アス』における久保、岡崎の両選手の採点(3点満点)はともに1点に。久保は『マルカ』でチームのほか11選手、『アス』でほか7選手と並ぶ1点で、両紙ともFWジェラール・モレノに単独最高点をつけている(『マルカ』2点、『アス』3点)。方や、ビリャレアルとは異なり0点の選手がいないウエスカで、岡崎は『マルカ』でチームのほか6選手、『アス』でほか7選手と並び、最低タイとなる1点となった。

 なおラ・リーガ第2節で、ビリャレアルは19日にMF乾貴士が所属するエイバル、ウエスカは20日に同じ昇格組のカディスと対戦する。(Goal.com)