2020.9.10 18:16

またも重傷のザニオーロ、気丈に振る舞うも父は「1月より今回のほうが難しい…」

またも重傷のザニオーロ、気丈に振る舞うも父は「1月より今回のほうが難しい…」

またも重傷のザニオーロ、気丈に振る舞うも父は「1月より今回のほうが難しい…」

またも重傷のザニオーロ、気丈に振る舞うも父は「1月より今回のほうが難しい…」【拡大】

 ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロが前十字じん帯断裂後、SNSを更新している。

 ザニオーロは、7日にアムステルダムで行われたUEFAネーションズリーグ・リーグA第2節のオランダ代表戦に先発出場。しかし、39分にドニー・ファン・デ・ベークと対峙してボールをコントロールする際にひざを痛め、途中交代していた。

 今年1月にも右ひざの前十字じん帯断裂および半月板損傷の重傷で手術を受けていただけに、心配されていたが、7日に検査結果として、左ひざ前十字じん帯を断裂したことが明らかとなった。

 ザニオーロは自身のインスタグラムで検査を行ったことを明かしつつ、「ローマや応援してくれた他のクラブのファンのみんなに感謝している。すぐに戻ってくるよ」とメッセージを送った。

 また、ザニオーロの父イゴールは『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の取材に応じ、「ニコロは本当に苦しんでいる」と明かす。

 「彼はまだ21歳で、元の状態に戻れないことに怯えているのは当然だ。彼はアッズーリや所属クラブでうまくやっていたから、運が悪かっただけだと思うよ。心理的には1月のときよりも今回のほうが難しいし、精神的な面が回復の過程で違いになるだろうね」(Goal.com)