2020.8.8 22:40

横浜M・松田、デビュー戦で存在感「チャンスをつかもうとプレーした」

横浜M・松田、デビュー戦で存在感「チャンスをつかもうとプレーした」

後半、攻め込む横浜M・松田(中央)=日産スタジアム(撮影・蔵賢斗)

後半、攻め込む横浜M・松田(中央)=日産スタジアム(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 明治安田J1第9節第1日(8日、横浜M1-1柏、日産ス)横浜Mは後半15分から途中出場した19歳の松田がJ1デビュー戦で存在感を示した。右FWで切れのある動きを見せ何度も好機をつくり「出番がもらえたのでチャンスをつかもうとプレーした」と、積極的な姿勢でアピールした。

 ユースから昇格したルーキーはJ3相模原へ期限付きで移籍していた。仲川の故障や遠藤のドイツ移籍を受けて呼び戻され、3日に復帰が発表されたばかり。手薄なポジションに頼もしい新顔が出てきた。

横浜M・ポステコグルー監督「ハードワークをし、試合を支配していた。だからこそ選手は悔しい思いをしている。大事なのは自分たちのやり方を信じることだ」

横浜M・オナイウ(後半途中出場で同点ゴール)「ゴールを決めたいという気持ちが強かった。思い切って打った。前半からもっとシュートを打てばいいのにと思いながら試合を見ていた」

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ