2020.8.2 21:11

フェラン・トーレスのマンチェスター・C移籍は既定路線?「環境の変化を経験したい」

フェラン・トーレスのマンチェスター・C移籍は既定路線?「環境の変化を経験したい」

フェラン・トーレスのマンチェスター・C移籍は既定路線?「環境の変化を経験したい」

フェラン・トーレスのマンチェスター・C移籍は既定路線?「環境の変化を経験したい」【拡大】

 バレンシアに所属するU-21スペイン代表FWフェラン・トーレスが、移籍をほのめかしている。スペイン『マルカ』が『BBC』で語られた内容を基に伝えた。

 バレンシアの下部組織出身で、2017-18シーズンにデビューを飾ったF・トーレス。2年目から徐々に出場機会を増やすと、今シーズンは20歳ながらレギュラーとして公式戦44試合で6ゴール8アシストを記録し、才能を輝かせた。

 そして、今夏の移籍市場に向けてはマンチェスターCが動いていると複数紙が報道。『マルカ』も「フェラン・トーレスのマンチェスターCへの移籍は公式が認めていないだけ」と伝えるなど、既定路線として扱っている。

 『BBC』のインタビューに応じたF・トーレス当人も、移籍を示唆する言葉を発した。

 「選手としての自分自身を野心的だと感じている。勝ちたい、勝ちたい、勝ちたいと思っていて、時を経るにつれてより良い準備ができたと感じるようになれば、さらに大きな挑戦がしたい、環境の変化を経験したいと思うような人物だ」

 「準備は完了したと思っている。内心ではいつも自分のことを最高だと思っているし、最高になりたいとも思う。ベストになるために努力しているよ。もし自分自身でベストだと信じていなければ、誰も僕のことをベストだとは思ってくれないだろう」

 また、2021年にバレンシアとの現行契約が切れるF・トーレスについて、2300万+ボーナス1200万ユーロの満額3500万ユーロ(約43億6000万円)で交渉が進んでいるという具体的な報道も噴出。外国語を学んでいるかと問われたF・トーレスも、英語を重視していることを強調した。

 「そうだね。フットボールの世界では明日にどこに行くかなんて分からないんだし、常日頃から外国語を学んでいないといけない。僕は何よりも英語を勉強しているよ。この世界のどこにいても英語は不可欠だからね」(Goal.com)