2020.8.2 12:57

吉田麻也が去就に言及 トルコや仏、中東から興味も「もう1年サンプドリアに残る可能性はある」

吉田麻也が去就に言及 トルコや仏、中東から興味も「もう1年サンプドリアに残る可能性はある」

特集:
吉田麻也
吉田麻也が去就に言及 トルコや仏、中東から興味も「もう1年サンプドリアに残る可能性はある」

吉田麻也が去就に言及 トルコや仏、中東から興味も「もう1年サンプドリアに残る可能性はある」【拡大】

 サンプドリアでのシーズンを終えた日本代表DF吉田麻也が、クラブの公式チャンネルで自身の去就について語った。

 今冬の移籍市場で7シーズン半を過ごしたサウサンプトンからサンプドリアに期限付きで加入した吉田。中断の影響により、シーズン終了までの短期契約に合意したため、1日の最終節ブレシア戦(1-1)にもフル出場を果たし、今季の戦いを終えた。

 クラブの公式インタビューにイタリア語で答えた吉田は、「僕は非常に満足しています。難しい時期だったけど、僕らはよくやったし、セリエAに残ることができました。イングランドで7年を過ごした後、(イタリアでは)すべてが違うものでした。でも、僕は挑戦が好きなんです」とシーズンを振り返った。

 すでにサウサンプトンとの契約は満了となっており、去就に大きな注目が集まっている吉田。トルコや中東のクラブからオファーが届いているともいわれているが、自身の将来については以下のように答えている。

 「将来? まだ何もわからないですが、1つだけ言えます。僕もクラブも長期契約の方が良いとしても、もう1年残る可能性はあるということ。休暇中にクラブや代理人と話すことになるでしょう」(Goal.com)