2020.8.2 12:03

吉田麻也、最終戦はフル出場「新しい経験だった」

吉田麻也、最終戦はフル出場「新しい経験だった」

特集:
吉田麻也
ブレシャ戦の前半、競り合うサンプドリアの吉田(右)=ブレシャ(共同)

ブレシャ戦の前半、競り合うサンプドリアの吉田(右)=ブレシャ(共同)【拡大】

 サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)で1日、サンプドリアの吉田麻也は敵地で行われたブレシャとの今季最終戦にフル出場した。チームは1-1で引き分けた。

 シーズンを終えたサンプドリアの吉田はクラブ公式サイトに「残留できたことが最も大事。僕にとって新しい経験だった」と、サウサンプトン(イングランド)から1月に移籍した新天地での戦いを総括した。

 センターバックの定位置をつかみ、14試合に出場。ブレシャ戦は後半ロスタイムにドリブルで攻め上がり、吉田のパスから味方がネットを揺らした。アシストかと思われたが、オフサイドで勝ち越し点はならなかった。

 自らの去就は「まだ何も分からない」としつつ「もう1年(サンプドリアに)残る可能性がある」と、イタリアでのプレー続行も選択肢にあるようだ。(共同)