2020.8.2 17:07

マンUは獲得するべきか? ギグスのサンチョ&グリーリッシュ評

マンUは獲得するべきか? ギグスのサンチョ&グリーリッシュ評

 ウェールズ代表を指揮するライアン・ギグス監督が、古巣マンチェスターUの補強について言及した。

 マンチェスター・Uのレジェンドであるギグス監督は、同クラブが今夏の移籍市場で獲得を狙っているとされるドルトムントのFWジェイドン・サンチョとアストンビラのMFジャック・グリーリッシュについて、『O’Neill YouTube』の番組で言及した。

 まず、グリーリッシュに関して、ギグス監督は「まず、プレミアリーグに慣れている点はいいと思う。適応を心配する必要がないからね。(ビッグクラブのプレッシャーに)対処できるメンタリティも手にしていると思う。得点力が気になっていたが、今季は(公式戦)二桁ゴールを挙げた。ヴィラでPKをのぞいて二桁ゴールを挙げたのは十分に印象的だね」と高く評価した。

 また、サンチョについては、「スピード豊かな選手だ。そのうえ、インテリジェントな選手でもある。私が彼を気に入っているところは、ラストパスを出す時もパニックにならず冷静だというところだ。スピードのあるウインガーは得てしてラストパスを焦ることがあるが、彼は最後まで冷静なんだ」と絶賛した。

 ギグス監督はさらに、「2人は素晴らしい選手だ。契約するチャンスがあるのならば、私だったら狙いにいくね」と口にし、古巣に獲得を推奨した。サンチョの移籍金は1億2000万ユーロ(約150億円)、グリーリッシュも8000万ユーロ(約100億円)ほどと高額となるが、マンチェスター・Uの補強策に引き続き注目が集まる。(Goal.com)