2020.8.2 12:55

ハヴェルツの“重大な決断”は間もなくか レーバークーゼン指揮官「今日や来週かもしれない」

ハヴェルツの“重大な決断”は間もなくか レーバークーゼン指揮官「今日や来週かもしれない」

ハヴェルツの“重大な決断”は間もなくか レーバークーゼン指揮官「今日や来週かもしれない」

ハヴェルツの“重大な決断”は間もなくか レーバークーゼン指揮官「今日や来週かもしれない」【拡大】

 レーバークーゼンのピーター・ボス監督は、移籍が報じられるカイ・ハヴェルツが間もなく将来を決断すると明かした。

 今シーズンの公式戦43試合で17ゴール9アシストと、センセーショナルな活躍を見せたハヴェルツ。これを受け、21歳のドイツ代表MFに対してはRマドリードやチェルシーなど多くのクラブが獲得に興味を持つと報じられている。

 争奪戦はチェルシーがリードしているものの、レーバークーゼンは100億ユーロ(約124億円)の移籍金を要求していると見られている。そんな中、ボス監督は、ドイツ『Deutschen Presse-Agentur』で「私はよくカイと話をしており、彼のことを思ってそうしている。カイは日常的な移籍の噂など、すべてのことを上手く対処している。(アンドレ・シュールレのように)29歳でプレーを止める選手だとは思わない」と話し、同選手の将来について語った。

 「私は彼が望んでいることを理解しているが、もちろん私が言うことではない。すべては彼次第だ。おそらく、重大な決断は今日、もしくは来週に訪れるかもしれないし、何も起きないかもしれない」

 さらに、同指揮官は6月に21歳になったばかりのハヴェルツが将来リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウド級の選手になる可能性について「わからない」とするも、「ドイツで彼はすでにベストの選手であるかのように評価されている」とさらなる成長を期待した。(Goal.com)