2020.7.19 14:59

吉田麻也、ベジクタシュからオファーも最優先はサンプドリア残留?

吉田麻也、ベジクタシュからオファーも最優先はサンプドリア残留?

特集:
吉田麻也
ベジクタシュからオファーも…吉田麻也の最優先はサンプドリア残留?

ベジクタシュからオファーも…吉田麻也の最優先はサンプドリア残留?【拡大】

 サンプドリアDF吉田麻也に、トルコのベジクタシュが関心を示しているようだ。トルコメディアの情報を基に、サンプドリア専門情報サイト『sampnews24』が伝えた。

 1月の移籍市場でサンプドリアに期限付き移籍で加入し、すでにセリエA9試合に出場している吉田。ピッチ内だけでなくピッチ外でもサポーターの人気者となっており、すでにクラブの中心選手の1人なっている。

 そんな吉田だが、6月をもって所属下であったサウサンプトンとの契約が満了。今季終了まではサンプドリアでプレーを続けるが、その後の去就は不透明となっている。

 トルコ複数メディアは、そんな31歳の日本代表DFに対してベジクタシュが熱心な関心を示していると報じている。一部では個人合意も伝えられた。

 『sampnews24』は、トルコでの報道を基に「マヤ・ヨシダのセリエAでのインパクトは、サンプドリアが来季の契約を準備するほどポジティブなものだ。しかし、トルコのサイレンにはご用心」と綴った。

 そして「ベジクタシュは日本代表DFを長い間望んでおり、彼の代理人と契約案を進めている。しかし、ヨシダはサンプドリアを待つ。その後のみ、他のオファーを評価する」と、サンプドリアとの契約を最優先に進めると伝えている。(Goal.com)