2020.7.13 05:03(1/2ページ)

鹿島、クラブワースト開幕4連敗…20冠の名門どうした

鹿島、クラブワースト開幕4連敗…20冠の名門どうした

試合に敗れ、肩を落とす鹿島の選手ら=埼玉スタジアム(撮影・桐原正道)

試合に敗れ、肩を落とす鹿島の選手ら=埼玉スタジアム(撮影・桐原正道)【拡大】

 明治安田J1第4節最終日(12日、埼玉スタジアムほか)「明治安田生命Jリーグ」はJ1で7試合が行われ、上限5000人ながら4カ月半ぶりに観客が入場。鹿島は浦和に0-1で敗れ、クラブワーストの開幕4連敗を喫した。浦和は勝ち点10で首位川崎と並んだ。FC東京は昨季王者の横浜Mに3-1で逆転勝ち。C大阪は名古屋に0-2で敗れ、開幕からの連勝は3で止まった。

 主要タイトル20冠を誇る“常勝軍団”の面影はなかった。0-1のまま試合終了を告げるホイッスル。浦和サポーター3094人の拍手が注がれる埼玉スタジアムのピッチに、鹿島イレブンは崩れ落ちた。

 「あれだけのチャンスがあってもゴールを決められない」

 今季から指揮を執るザーゴ監督は唇をかみしめた。4年ぶり9度目のJ1制覇を目標に掲げながら、クラブ初の開幕4連敗。ルヴァン杯などを含め公式戦6戦全敗で、得点は7月4日の川崎戦でのオウンゴールだけ。昨季、母国ブラジルでブラガンチーノを1部昇格に導いた手腕を買われたが、仮に鹿島サポーターが入場していたらブーイングを浴びただろう。

【続きを読む】