2020.7.12 11:09(1/2ページ)

Jリーグ、4カ月ぶりの“有観客試合”の雰囲気は独特 大宮アルディージャは新たな問題解決策を提示

Jリーグ、4カ月ぶりの“有観客試合”の雰囲気は独特 大宮アルディージャは新たな問題解決策を提示

Jリーグ、4カ月ぶりの“有観客試合”の雰囲気は独特 大宮アルディージャは新たな問題解決策を提示

Jリーグ、4カ月ぶりの“有観客試合”の雰囲気は独特 大宮アルディージャは新たな問題解決策を提示【拡大】

 まさに厳戒態勢--。そんな雰囲気を感じさせる試合となった。

 11日に行われたのは明治安田生命J2リーグ第4節、大宮アルディージャと東京ヴェルディの一戦。リーグ戦4連勝を狙う大宮が、いまだ勝利のない東京Vを迎え撃つ格好となったが、そういったチーム状況よりも注目を集めたのが“有観客試合”だ。

 2月に開幕したJ2は、新型コロナウイルスの影響で開幕節を終了した時点で中断。再開は6月末まで待つことに。再開されると、2試合を無観客試合(リモートマッチ)で行い、第4節に有観客試合を行うことができる運びとなった。

 だが、コロナの脅威は過ぎ去っておらず、Jリーグも警戒を強める。その結果、スタジアムに入るのは最大でも5000人で、検温はもちろん、会場内ではマスクを着用することが求められた。

 もちろん、メディアに対する対応も徹底。試合開始1時間前から入場を許可され、普段なら報道陣が集まるプレスルームの使用も禁止に。入場すると、検温やアルコール消毒を受け、そのまま記者席へと通される。試合後の取材もリモートで行われ、観客が帰路に着き、ガランとしたスタジアムの席に記者のみが残り、パソコンを見つめる姿は非常にシュールだった。

 ■雰囲気は…

2020-07-11-omiya-tokyo

 2271人が集まったNACK5スタジアムでは、独特の雰囲気が生まれていた。大声を出して歌うなどの行為は自粛を求められているため、チャントは録音によるもの。したがって、久々に生のサッカー観戦に訪れた人々は拍手などでチームを後押しする。また、チャントが流れていない隙間の時間もあるため、ときに観客の叱咤や話し声が記者席にまで聞こえてきた。

 選手の声がよく聞こえるのはリモートマッチと同様だが、それに観客が反応する姿は新鮮。選手たちの大声による指示に、「確かに」と耳を傾ける人の姿も見られた。

【続きを読む】