2020.7.4 20:50

清水、また逆転負け…“誕生日”白星で飾れず、クラモフスキー監督「非常に残念」

清水、また逆転負け…“誕生日”白星で飾れず、クラモフスキー監督「非常に残念」

前半、オウンゴールで2点目を許す清水・GK梅田(右)=アイスタ

前半、オウンゴールで2点目を許す清水・GK梅田(右)=アイスタ【拡大】

 明治安田J1第2節(4日、清水1-2名古屋、アイスタ)清水は2月の開幕戦に続き、逆転負けを喫した。クラブが1992年に初めて対外試合を行った7月4日の「誕生日」を白星で飾れず、クラモフスキー監督は「一生懸命勝ち点3を届けようと戦ったが、非常に残念」と悔しがった。

 中断期間を新監督が目指す攻撃的サッカーの戦術浸透に充て、前半18分に金子が先制するまでは理想の展開だった。ただ、空いたサイドを狙われて前半のうちに逆転され、監督は「簡単に2失点してしまった。それで試合が難しくなった」と守備面に課題を挙げた。

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  • 前半、先制ゴールを決め、喜ぶ清水・金子=アイスタ