2020.6.30 05:02

横浜M・仲川&マルコス、再開初戦のゴール予告!

横浜M・仲川&マルコス、再開初戦のゴール予告!

昨季おなじみとなった横浜M・マルコス(左)、仲川(右)のゴールパフォーマンス。社会的距離に配慮して決行する

昨季おなじみとなった横浜M・マルコス(左)、仲川(右)のゴールパフォーマンス。社会的距離に配慮して決行する【拡大】

 昨季J1王者の横浜Mは29日、横浜市内での練習を報道陣に公開した。昨季MVPのFW仲川輝人(27)、15ゴールで仲川と得点王を分け合ったFWマルコスジュニオール(27)がオンライン取材に応じ、再開初戦となる7月4日の浦和戦(埼スタ)でのゴールを予告。約4カ月の中断期間をへて、磨きをかけた攻撃サッカーを披露する。

 “ダブル得点王”が再開初戦からフル稼働を宣言した。梅雨の晴れ間に行われた練習。パス回しをするFW仲川の明るい表情からは、状態の良さが見て取れた。

 「(中断が)長かったのですごく楽しみ。去年よりも質の高いマリノスを見せていきたい」

 昨季リーグ1位の68得点のうち、15点ずつを挙げて得点王に輝いた仲川とFWマルコスジュニオール。1-2で敗れたG大阪との開幕戦でマルコスは決めたが、不発だった仲川は「今度こそ自分自身のファーストゴールを早く決めて、どんどん点を重ねて行ければ」。髪を切り、気合を入れ直した“ハマの新幹線”は力を込める。

 一方、マルコスは「チームのために戦うなかで自分のベストを尽くして、得点が取れればうれしい」と2戦連発に意欲をみせた。人気漫画『ドラゴンボール』が大好きで、そのスキンヘッドから“ハマのクリリン”の異名も。「社会的距離を守りながらチームメートとやりたい」と、かめはめ波のゴールパフォーマンスを披露する気は満々だ。

 7月4日の再開初戦は敵地で浦和と激突。昨季は2戦2勝と相性はいい。仲川は「気持ちを新たに、アタッキングなフットボールを見せられるように最高のコンディションで臨みたい」。約4カ月の中断期間には、MF天野が期限付き移籍から復帰、DF小池、DF実藤が加入し、過密日程を戦い抜く戦力も整った。さらに精度を増した攻撃サッカーで今季初勝利を手にする。(山下幸志朗)

  • 日差しを浴びてランニングする横浜Mの選手たち(撮影・山下幸志朗)