2020.6.29 23:33

来季もレンタル濃厚の久保建英、ポールポジションに立つのはACミランか?西メディア「2億円の年俸負担が条件」

来季もレンタル濃厚の久保建英、ポールポジションに立つのはACミランか?西メディア「2億円の年俸負担が条件」

特集:
久保建英
来季もレンタル濃厚の久保建英、ポールポジションに立つのはACミランか?西メディア「2億円の年俸負担が条件」

来季もレンタル濃厚の久保建英、ポールポジションに立つのはACミランか?西メディア「2億円の年俸負担が条件」【拡大】

 スペインのラジオ局『カデナ・セール』の番組“カルセル・デポルティボ”は、RマドリードMF久保竹房の来季のレンタル先の最有力候補として、ACミランが挙がっていることを報じた。

 今季、マジョルカにレンタルでプレーする久保だが、RマドリードはDFエデル・ミリトン、FWロドリゴ、FWヴィニシウス、さらにはBチームのMFレイニエルも存在するなど、外国人枠がブラジル人4選手で埋まっている。そのために来季もレンタルで修行を積むことが濃厚となっている。

 “カルセル・デポルティボ”によれば、Rマドリードが久保のレンタル先となるクラブに求める条件は、同選手の年俸200万ユーロ(約2億4000万円、おそらく所得税込み)を負担することのみであるという。そして、数多くのクラブがこの日本人MFの獲得に名乗りを挙げている中、ポールポジションに立っているのはACミランであるという。ACミランは久保を自チームに加えることに最も躍起となっており、久保の年俸を負担する考えもあるようだ。

 その一方でRマドリードは、久保をACミランに貸し出すとして、同クラブが欧州カップ戦に出場できず、さらなる経験を積ませられないことを危惧している模様。しかし、もしACミランがこ欧州カップ出場権を獲得する場合には、紛れもない移籍先の第一候補になるとのことだ。(Goal.com)