2020.6.28 09:40

フランクフルトMF鎌田大地、今季最終戦は低評価「運もパンチ力もなかった」

フランクフルトMF鎌田大地、今季最終戦は低評価「運もパンチ力もなかった」

特集:
鎌田大地
フランクフルトMF鎌田大地、今季最終戦は低評価「運もパンチ力もなかった」

フランクフルトMF鎌田大地、今季最終戦は低評価「運もパンチ力もなかった」【拡大】

 フランクフルトのMF鎌田大地の今季最終戦の評価は厳しいものとなった。

 フランクフルトは27日、ブンデスリーガ最終節でパーダーボルンと対戦。前節、鎌田は累積警告で出場停止だったため、2試合ぶりの先発となった。試合はフランクフルトが3点を先行するものの、2点を返されて3-2の辛勝に。鎌田はフル出場となったものの、ゴールには絡めなかった。

 地元メディア『フランクフルター・ルンドシャウ』では、鎌田について「弱い」との評価を与え、寸評ではこのように記した。

 「何となくぐったりしているように見えて、体の張りを残していた。いつも何かに挑戦する、それが彼の得意とするところだが、運もパンチ力もなかった。46分のチャンスも活かせなかった」

 鎌田は今シーズンを公式戦47試合10ゴール9アシストの成績で終了。なお、フランクフルトのMF長谷部誠は、膝の手術のためにすでに帰国しており、最終節は欠場している。(Goal.com)