2020.5.24 08:57

アドゥリス引退でラ・リーガ最年長選手となったホアキン「娘たちにからかわれる」

アドゥリス引退でラ・リーガ最年長選手となったホアキン「娘たちにからかわれる」

アドゥリス引退でラ・リーガ最年長選手となったホアキン「娘たちにからかわれる」

アドゥリス引退でラ・リーガ最年長選手となったホアキン「娘たちにからかわれる」【拡大】

 ベティスMFホアキン・サンチェスが、アスレティック・ビルバオFWアリツ・アドゥリスの現役引退についてコメントした。

 39歳のアドゥリスの引退によって、ラ・リーガの最年長選手となった38歳ホアキン。スペイン『クアトロ』とのインタビューに応じたベティスの象徴は、アドゥリスの引退について次のような感想を述べている。

 「彼とはバレンシアで何年か一緒にプレーした。素晴らしい人物で、僕たちは良い関係にあったんだ。こうした形で行ってしまうのは悲しいね。彼に値するような引退の仕方ではないから」

 来月の21日に39歳となるホアキンはまた、子供たちから何歳になってもフットボールをプレーし続けていることで、からかわれていることも明かした。

 「リーガ最年長選手になったことで、色々電話をもらったね。娘たちも自分のことをからかうんだ。『パパ、私は将来結婚するんだけど、パパはフットボールをやり続けてるのよね』って(笑)。僕は『娘よ、どうかそっとしておいておくれ。誰もが40歳までプレーできるわけじゃないんだ』って返すよ」

 ホアキンの子供たちは、もしかしたらフットボールを“遊び”のように捉えているのかもしれない。なおベティスと来季まで契約を結んでいるホアキンは、「まだ、この体は耐えることができる」とも話している。(Goal.com)