2020.5.24 07:38

ミュラーが今季17アシストでブンデス記録に並ぶ!デ・ブライネ超えの期待高まる

ミュラーが今季17アシストでブンデス記録に並ぶ!デ・ブライネ超えの期待高まる

ミュラーが今季17アシストでブンデス記録に並ぶ!デ・ブライネ超えの期待高まる

ミュラーが今季17アシストでブンデス記録に並ぶ!デ・ブライネ超えの期待高まる【拡大】

 BミュンヘンMFトーマス・ミュラーが、ケヴィン・デ・ブライネの持つブンデスリーガのシーズン最多アシスト記録に並んだ。

 23日に行われたブンデスリーガ第27節で、バイエルンはホームでフランクフルトと対戦。この試合に先発したミュラーは、16分にレオン・ゴレツカの先制点をアシストし、41分には自らゴールを奪った。その後、バイエルンは大量得点を奪って5-2でフランクフルトを沈め、勝ち点4差で首位をキープしている。

 今シーズン、フィリペ・コウチーニョの加入で序盤には立ち位置が危ぶまれていたミュラーだが、ハンジ・フリック監督の就任以降、好調を続けるチームとともにアシストを量産。この試合の先制点をお膳立てしたことで、今シーズンのアシスト数は「17」に到達した。

 シーズン17アシストは、デ・ブライネが持つブンデスリーガ記録に。2014-15シーズンに当時ウォルフスブルクに所属し、優勝したバイエルンに次ぐ2位フィニッシュと大健闘したチームを支えた現在ベルギー代表のプレーメイカーは、同シーズンのリーグ年間最優秀選手に輝いていた。

 26日に行われるドルトムントとの“デア・クラシカー”を含め、今シーズンはまだ7試合残されており、バイエルンMFが新たなブンデスリーガアシスト記録を樹立することが期待される。(Goal.com)